アルバイトに関する問題について

アルバイトには、さまざまな職種のものがありますが、働く期間としては、長期のアルバイト(一般的に3ヶ月以上)と短期のアルバイトがあります。

アルバイトの種類について

アルバイトに関する問題について アルバイトには、さまざまな職種のものがありますが、働く期間としては、長期のアルバイト(一般的に3ヶ月以上)と短期のアルバイトがあります。まず「長期のアルバイト」には、あらかじめ働く曜日や時間を決めることを意味する「シフト」を組んで行う(シフトは自分の都合に合わせて組むことが可能)という特徴があります。給料は、時給制で月払いという形態が多く、月払いの場合は毎月安定した収入が得られるというメリットがあります。職場としては、コンビニやスーパー、そしてファミレスなどが挙げられます。

次に「短期のアルバイト」には、空いた日や、自分の好きな日に働くことができる(シフトのようにあらかじめ予定が決められていない)という特徴があります。給料は、働いたその日に貰える日払いの場合も多いため、その場合は、すぐにお金が欲しいときなどに便利だと言えるでしょう。ただし給料の仕組みや、給料が貰えるタイミングについては、それぞれの職場によって異なるため、前もって確認をしておく必要があります。仕事の種類としては、イベント・展示会のスタッフや、路上でのティッシュ・試供品配り、そして長期休暇を利用したリゾート地でのアルバイトなどがあります。

注目のキーワード