アルバイトに関する問題について

就活生や転職者と同様に、アルバイトを希望している場合でも面接時のマナーをおさえておくことは大切です。

アルバイト面接時のマナー

アルバイトに関する問題について 就活生や転職者と同様に、アルバイトを希望している場合でも面接時のマナーをおさえておくことは大切です。面接時に持参していくものは、履歴書とメモ帳そして筆記用具です。履歴書は採用担当者が読む際に汚れていたりすると印象が悪くなってしまいますので、封筒などに入れて持参していくことをおすすめします。メモ帳や筆記用具は、面接の際に仕事に関する注意点やスケジュールなどを伝えられたときに、それらを記すために必要になります。

面接を受ける際には、約束した時間の10分ほど前に到着するようにして、髪型や服装などの身だしなみを整えておくことも大事です。更にいえば、清潔な印象を与えるためにも、男性であればヒゲは剃っておくようにしたり、爪の手入れも忘れずにしておきたいです。面接会場に入る前には、面接時の妨げにならないように、あらかじめ携帯電話の電源は切っておくようにします。そして名前が呼ばれ、面接会場に入室する際には、ドアを3回ほど軽くノックして、面接官からの声を待ってから入室します。

その際には、必ず挨拶をするようにします。その後、面接官が席に座るように言われてから着席します。姿勢を正しくして、面接官からの質問に対してもハキハキと敬語で答えていきます。面接が終わったら、お礼を述べてからドアまで行き、退出する前には一礼してから会場を後にします。

注目のキーワード